海外で生活したいけどお金はどれくらい必要?

海外で暮らしていくための知恵

日本では返品はよっぽどのことがない限りしないのではありませんか?後でやっぱり気に入らなかったので、返したいけれどそんなことはできないと思うことでしょう。
海外では返品制度がとてもよくできています。
その返品制度についてご紹介したいと思います。

 

プライスマッチング

特にアメリカの影響を受けた国ではプライスマッチングが一般的に行われています。
プライスマッチングとは、価格を合わせるということです。別の店でまったく同じ商品が
もっと安く売っていたということを経験したことはありませんか?

 

海外では価格を安いお店に合わせてくれます。
しかもそこから10%オフにしてくれるなんてこともあります。
さらに購入してから一定の期間内であれば、価格が下がった時には合わせてくれます。

 

リターンポリシー

どのお店でもたいていリターンポリシーがあります。
これはいつまでならば無条件で返品をしてくれるという制度です。
このポリシーは店ごとに違います。レシートの裏などによく書かれています。
もしも使ってみて自分の思ったものでなければ、返品できるという制度です。
無条件ですから使ったものでもOKなのです。

 

バーゲンを行う

個人の店などでものを購入するときには、バーゲン、つまり値引き交渉を行います。
これによって30%ほど安くなることはざらです。
もしもお店の人が嫌ならば、買わなければいいという考えです。
なんでも買う時に、一言いうだけで少しの値引きが受けられるのは、とっても嬉しいことです。

 

返品商品を安く買う

上記で述べたように、海外では返品が普通に行われています。
そのためにお店に行くと返品コナーが必ずあります。このコーナーの横には山のように
積まれた返品商品があります。開封していないものは、そのまま商品として売られますが、
開封してあるものに関しては安く売っています。もしも自分の必要なものが安く売ってるので
あれば、ラッキーですね。

 

レストランでもはっきりと意見を言う

レストランで食べていて、正直この店には失望した、お金を払いたくないという時もあると思います。
海外ではウエイターが必ずと言っていいほど、味はどうかを聞いてきます。
その時にあまりにもひどいのであれば作りなおしてもらうこともできます。
または向こうから料金はいらないということもあります。
このように本当にひどいときには、はっきりと意見を言うのが海外です。

 

 

海外ではクレカが普及している

海外では日本ほどカードローンが普及していません。どちらかといえばクレジットカードなどで決算する分化が多いですね。
日本では即日キャッシングができるくらいです。おおまかですが、当日の午前中にまでに申込みをすれば、審査通過後、指定の口座に振り込んでもらうことが可能です。